早期発見で健康を守る|脳動静脈奇形は事前に防ぐ!健康診断で脳ドックを受ける重要性

脳ドックでは、脳血管障害や認知症の危険性を察知できる

早期発見で健康を守る

病院

脳ドックにかかる費用

京都の脳神経外科専門クリニックや総合病院では脳ドックを受診することができます。頭部MRI、MRA検査、血圧測定などの簡易なものであれば1時間ほどで終了して費用は3万円程度です。心電図、血液検査、尿検査、脳PETなどを含む総合検査の場合には15万円近くかかることもあります。画像診断は医師2名で担当してくれますので安心できます。脳血管障害や認知症のリスクを早期発見できます。

脳ドックを受けられる病院は全国にあります

京都には日本脳ドック学会認定施設や人間ドックにオプションで脳ドックを追加するプランを利用したりすることができます。脳ドックは全国の病院で受けることができます。日本脳ドック学会のホームページから認定施設を検索できます。日本脳ドック学会の認定クリニックであれば精度の高い検査機器があり、信頼できる専門医が在籍していますし、異常が見つかった場合診療をしてもらえたり、病院を紹介してもらえたりしますのでスムーズです。全国に約250以上の認定施設があり、ほぼ全国を網羅しています。人間ドックを実施しているクリニックで脳ドックを実施しているところは多いので探してみるのもおすすめです。全国健康保険協会に問い合わせて調べることもできます。

40歳を過ぎたら脳ドックを受けよう

40歳以上の方は脳ドックを受診しておいた方が安心です。将来のリスクに備えることができます。特に糖尿病、高血圧、肥満などの持病のある方は積極的に受けておくことが重要です。脳の血管が急に詰まる脳梗塞以外の病気は生活習慣病などを発症してから緩やかに進行していきます。健康管理を定期的に行うことで予防ができ、健康の維持促進に役立てることができます。脳梗塞やくも膜下出血、がんや糖尿病の検査を行うことで大掛かりな検査をまとめて効率よく行うことができるようになります。健康保険協会も早期発見、早期治療を促進していますので脳ドックの一部について助成してくれる場合もあります。

早期発見、早期治療が可能になる

脳の病気は悪性のものがすべてではありませんので、血液検査で血管や血流を調べておくことできちんと管理をすれば病気の予防が可能になります。特に高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙などの習慣や持病の有無を調べておくことは脳や血管の病気の予防、早期発見に役立ちます。血栓や狭窄のための良い薬が開発されていますので早期発見により手術、化学療法、併用療法と様々な治療方法を選べるようになります。MRI検査などで隠れた微小出血や動脈瘤などを発見することができますし、痛みが伴いませんから安心です。寝ているだけで立体画像から診断することができますので体への負担もかかりません。

広告募集中