定期的な健康診断が必要!脳ドックで脳動静脈奇形を早期発見できる

原因と治療方法

救急車と聴診器

健康診断で脳の病気がわかる

皆さんは健康診断を定期的に受けていますか?体の状態は日々変化しているものです。よって、定期的に健康診断を受けて、体の異常の有無を常にチェックしておくことが大切です。そして、体の一部である脳も例外ではありません。最近では、通常の健康診断に脳ドックをオプションとしてつけられる医療機関が多くなっています。脳ドックでは、頭部のCTやMRI、MRAなどの検査を受けることにより、脳腫瘍や脳梗塞、脳委縮、また脳動脈瘤等の脳内血管における異常の有無が分かります。また、血液検査を受けると、脳梗塞等のリスクを高める要因である生活習慣病(高脂血症など)の有無を知ることができるため、間接的に脳の病気の有無が分かります。

脳動静脈奇形とはどのような病気か

脳の病気の一つに「脳動静脈奇形」というものがあります。脳動静脈奇形とは、通常は脳内の動脈と静脈は毛細血管を介してつながるところ、胎児の際に脳の血管の一部が毛細血管に分かれないために、脳内の動脈と静脈が異常な血管でつながった状態で生まれるという、先天的な病気です。脳動静脈奇形により、脳内の血管に異常な負荷がかかるために脳の血管が切れて、くも膜下出血や脳内出血が起こるのです。また、出血までには至らなくても、奇形の部分の周囲に影響が及ぶため、脳の活動に支障が生じ、けいれんの発作を起こすこともあります。この病気を発見するには、頭部のCTなどの画像検査を受けることが有効です。脳出血が生じる前に治療することが大切です。

今読まれているコンテンツ

診察

重大な脳の病気を発見

脳ドックでは、MRIやMRAを使って脳の画像を撮影してもらうことができます。それによって、重篤な病気の予兆も早期発見できる可能性が出てきます。京都にも優良なクリニックはありますから、探してみるといいでしょう。

READ MORE
ハート

オプションも利用できる

健康診断は自分の健康状態を知るために有用なサービスですが、全額自己負担になるので注意が必要です。大阪では多様なオプション検査を行っているクリニックがあるので、気になる病気に対する検査を選んで受けておくと早期発見ができます。

READ MORE
キーボード

素早く察知することが肝心

ナイダスという血管異常が現れることを、脳動静脈奇形と呼んでいます。最終的にはクモ膜下出血を起こしてしまうこととなる怖い病気なので、脳ドッグに行って検査をしてもらうようにしましょう。遺伝的に発症しやすい体質の人はいますから、心当たりがあるなら放置しないよう注意ですね。

READ MORE
病院

早期発見で健康を守る

ストレス社会と高齢化社会で3人に1人が脳卒中の予備軍といわれています。医療機関では病気の早期発見、早期予防を目的として予防治療に取り組んでいますので、脳ドックも利用しやすくなっています。最新の検査を受けておけば安心ですし、危険因子を発見しておくことで健康意識を高めることができます。

READ MORE

定期的に脳ドックを受けよう

脳動静脈奇形を含めた脳の病気は、脳ドックを受けることにより、早期に発見をすることが治療を進める上で重要です。大阪や京都にも脳ドックを受けられる医療機関が数多く存在します。無症状のうちに定期的に脳ドックを受けることをお勧めします。

[PR]

広告募集中